産経ニュース

皇后さまご発熱 ご滞在先の福島で疲労のため

ライフ ライフ

記事詳細

更新


皇后さまご発熱 ご滞在先の福島で疲労のため

 東日本大震災の慰霊碑に供花される天皇、皇后両陛下=11日午前、福島県相馬市(代表撮影)  東日本大震災の慰霊碑に供花される天皇、皇后両陛下=11日午前、福島県相馬市(代表撮影)

 宮内庁は11日、天皇陛下とともに福島県を訪問中の皇后さまが疲労のため、発熱されたと発表した。発熱は10日夜からで、11日朝の時点で38度台だったが、回復傾向にあられるという。

 このため天皇、皇后両陛下は同日午前、当初の予定通り、相馬市原釜地区を訪れ、東日本大震災の津波で犠牲となった約200人の名前が刻まれた慰霊碑で供花された。続いて津波被害後に再建された同市の卸売市場を視察された。

 両陛下は同日午後、帰京される。

    

 10日には、南相馬市で行われた全国植樹祭の式典に臨席し、皇居の樹木から種子を採ったエノキの苗木が植樹される様子を見守られた。来年4月30日の譲位を控え、両陛下が全国植樹祭に臨まれるのは今年が最後となった。

 両陛下はいわき市から式典会場の南相馬市へ移動する際、放射線量が高く立ち入り制限が続く福島第1原発近くの帰還困難区域を通過された。車中から原発施設は望めなかったが、宮内庁によると、両陛下は車が原発に接近した際、施設の方角をご覧になっていたという。広野町で休憩した際には同町の高校生に対し、天皇陛下は「早く全員戻ってきて、全員で高校生活が送れるといいですね」と声をかけられていた。

このニュースの写真

  • 皇后さまご発熱 ご滞在先の福島で疲労のため
  • 皇后さまご発熱 ご滞在先の福島で疲労のため
  • 皇后さまご発熱 ご滞在先の福島で疲労のため

「ライフ」のランキング