PR

ライフ ライフ

【書評】『歌舞伎座の快人』松島奈巳著

「歌舞伎座の快人」松島奈巳著 淡交社
Messenger

 演劇ライターの著者が、歌舞伎を見始め、歌舞伎座に通い詰めた昭和末期(昭和59~63年)の回想録。副題に「1984年の團十郎、猿之助、仁左衛門、玉三郎、勘三郎」とある通り、当時、歌舞伎の枠を超えようと奮闘した中堅俳優を軸に、上演演目ごとに1話完結で焦点を当て、24話にまとめた。

 当時の世相や、著者の個人的体験、非公式エピソードも盛り込み、“歌舞伎の転換期”の時代背景を伝える。物語の展開を、超訳した演目紹介が面白い。ややこしい梨園(りえん)の縁戚関係、ヒエラルキーにも言及しており、現在、活躍する歌舞伎俳優の理解にもつながる。(淡交社・1500円+税)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ