PR

ライフ ライフ

【主張】はやぶさ2 生命と太陽系の謎を解け

Messenger

 日本の探査機「はやぶさ2」が、今月下旬にも目指す小惑星「リュウグウ」の上空に到着する見通しとなった。

 3年半前にH2Aロケットで打ち上げられ、地球の重力による加速やイオンエンジンの噴射で、30億キロ以上に及ぶ宇宙の旅を続けての到達だ。

 打ち上げ成功時に続く第2の大きな拍手を送りたい。

 小惑星は、46億年前に太陽系が誕生したとき、惑星になり損ねた小天体だ。

 惑星では高温高圧の影響で性質が変化しているのに対し、小惑星の場合は原始の状態が保たれている。「太陽系のタイムカプセル」と呼ばれるのは、そのためだ。

 小惑星の大部分は、木星と火星の軌道の間に分布しているが、少数が火星と地球の間にも存在する。直径約900メートルのリュウグウは、後者の一つで、有機物を含んでいる可能性が高いことから今回の対象に選ばれた。

 はやぶさ2は、2020年末に地球に帰還する計画だ。リュウグウには1年半滞在し、表面に小クレーターを作って風化の影響が及んでいない内部の岩石標本を採取するなどの活動を続ける。

 探査が成功すれば、太陽系の起源だけでなく、地球の生命誕生の謎の解明にもつながる貴重な情報が手に入る。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ