PR

ライフ ライフ

CT画像見落とし、がん患者2人死亡 千葉大病院担当医が報告書確認せず

記者会見で謝罪する千葉大病院の山本修一病院長(左)ら=8日午後、千葉市中央区の千葉大(永田岳彦撮影)
Messenger

 千葉大医学部付属病院(千葉市中央区)は8日、コンピューター断層撮影装置(CT)画像の見落としでがん患者2人が死亡していたと発表した。

 千葉大によると、30代から80代の男性患者5人と女性患者4人で見落としがあり、うち4人で診療に影響を及ぼし、昨年6月に肺がんの70代男性が、12月に腎がんの60代女性が死亡した。

 診療科の医師が放射線診断専門医の作成した画像診断報告書を十分に確認していなかったなど、複数の共通する原因があったという。

 記者会見した山本修一病院長は「患者や家族の皆さまに多大な負担を掛け、おわび申し上げる」と謝罪した。

 千葉大病院は厚生労働省から特定機能病院や地域がん診療連携拠点病院として承認・指定されている。

 千葉大医学部や付属病院をめぐっては昨年、病院で死亡した入院患者4人から多剤耐性緑膿菌が検出されたほか、一昨年には当時の医学部生や研修医による集団乱暴事件が起きている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ