PR

ライフ ライフ

【千葉・9歳女児殺害】鑑識官らがDNA型鑑定の手法など証言 渋谷被告裁判員裁判第4回公判

Messenger

 昨年3月、松戸市立六(むつ)実(み)第二小3年のレェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)、ベトナム国籍=をわいせつ目的で連れ去り、殺害したとして、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われた元同小保護者会長、渋谷恭正被告(47)の裁判員裁判第4回公判が7日、千葉地裁(野原俊郎裁判長)で開かれ、鑑識官や科捜研の研究員がリンさんの遺体や渋谷被告の軽乗用車などから採取された試料のDNA型鑑定の手法などについて証言した。検察側は、科捜研の研究員が最後にリンさんの遺体や遺品に触れた時期について立証できず、「渋谷被告とリンさんのDNA型が誤って混入した可能性がある」という弁護側の主張を退けられなかった。主な内容は次の通り。

 DNA型鑑定

 科捜研研究員 遺体の付着物や犯行に使われたとされる被告の軽乗用車、被告のたばこの吸い殻から採取された試料について、DNA型鑑定を行った。

 DNA型鑑定に使用した実験用具や機器は、新品か十分洗浄されたもので、他人のDNA型が混入する可能性はない。

 被害者のDNA型

 検察官 リンさんのDNA型が付着した可能性のある遺品や遺体に最後に触れた時期はいつか。

 科捜研研究員 記録を見れば分かるが、今は記憶にない。

 野原裁判長 検察官は記録を持っているか。

 検察官 持っていない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ