産経ニュース

【話の肖像画】ノンフィクション作家・沖藤典子(3) 仕事、育児、介護が重なって

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
ノンフィクション作家・沖藤典子(3) 仕事、育児、介護が重なって

働いているころの沖藤典子さん(本人提供) 働いているころの沖藤典子さん(本人提供)

 〈乳飲み子を抱え、北海道で仕事と家庭を両立させていこうと思っていた矢先、夫が東京で就職を決めた。昭和36年、泣く泣く上京する〉

 苦労した親に孝行したかったのに、北海道で一緒に暮らしたかったのに…。でも夫の改姓に負い目を感じており、従うことにしました。上京すると決めたら、「一生懸命共働きして、親を東京に呼んで一緒に暮らそう」に目標を変えました。生まれたばかりの長女を両親に預け、夫婦2人で上京しました。

 勤めたのは日本リサーチセンターというシンクタンクです。社会心理学者の南博先生たちがつくった市場調査の会社で、創業時に新卒で入りました。「子供」のいる「女性」と、当時はハンディだったことばかりでしたが、正社員として「バイタリティーがありそう」と入社が決まったと聞きました。

 大学院出の秀才ばかりのなか、必死で働きながら公団住宅の抽選に挑戦し続け、2年後に埼玉県の団地に当選。38年、ついに長女を引き取りました。

 〈収入が多かったため保育園には入れず、保育ママさんに助けられた〉

 近所の方が引き受けてくれました。朝、保育ママさんの家に子供を連れていって出勤、帰りは引き取るという毎日です。保育園にはずっと入れず、幼稚園に行くことになりましたので、朝は幼稚園に送っていって、終わってから私が帰るまでは保育ママさんの家にいる、という方法をとりました。

続きを読む

「ライフ」のランキング