PR

ライフ ライフ

【解答乱麻】日大問題にわが身振り返る ジャーナリスト・細川珠生

Messenger

 大人の身勝手な考えによって、未来ある子供たちが、必要以上の苦しみを受け止めなければならないということは、絶対あってはならないことである。ただ、日大アメフット部の内田正人前監督や大塚吉兵衛学長の認識は論外だとしても、大なり小なり、「大人の理屈」や「学校側の都合」によって、子供が犠牲になる状況は、どこの教育現場にもある。

 アメフット部員の声明文にあったように、部員である子供たちは、監督やコーチの指示に「盲目的に従って」「信じきって」いたという。絶対的存在である「上の立場」の人間に、自分の考えを述べたり、議論したりするという環境が、ほとんどなかった日本の社会の縮図のような光景だ。

 その中で「信じ切っていた」ことが日本中を騒がす一大事に発展してしまったことに、今度は大人のいうことに不信感を抱くようになるのではないだろうか。子供たちは一体、この先、何を信じて生きていけばよいのか。その心中を察するに余りある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ