PR

ライフ ライフ

「善の研究」の西田幾多郎、ノート新たに50冊発見

 新たに見つかった西田幾多郎が書いたノート(石川県西田幾多郎記念哲学館提供)
Messenger

 石川県西田幾多郎(きたろう)記念哲学館(かほく市)は5月30日、「善の研究」で知られる地元出身の哲学者、西田幾多郎(1870~1945年)が書いたノート50冊が新たに見つかったと発表した。京都帝国大で倫理学を教えるために作成したとされる講義ノートなどがあり、西田の思想展開を垣間見ることができる。

 同館によると、ノートは平成27年秋に西田の遺族宅で発見された。クリーニングなどの修復作業後、金沢大や京都大と連携して記述内容を読み解いたという。

 ノートは、西田が帝国大(後の東京大)選科生時代のものが10冊、旧制四高教授などを務めた金沢時代が13冊、京都帝国大時代が9冊とみられる。残る18冊は時期を特定できていない。

 京都帝国大で倫理学講義のために作ったと推定されるノートには「善の研究」の中心的なキーワード「純粋経験」が記されていた。人格論も展開され、「Personal Nature」という言葉を「個人性」と日本語訳する際、何度も推敲(すいこう)した跡がうかがえる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ