PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】ノンフィクション作家・沖藤典子(1) 「女が職場を去る日」はいま

沖藤典子さん (寺河内美奈撮影)
Messenger

 〈仕事と子育て、介護の果てに夫の転勤で退職を余儀なくされた自身の体験を赤裸々に描き、ドラマにもなった「女が職場を去る日」が世を騒がせたのは昭和54年だった。40年近くたった現在読んでみても、その内容は昨日書かれたかのようだ〉

 ビジネス文書しか書いたことがなかったのに、会社を辞めた後、20日間で400枚を書き上げました。発表のあてもなかったけど、書くことで気持ちを整理したかった。そうですね、女性の状況は変わっていないともいえますね。「こんな時代もあったのね」と笑い話になればよかったのですけどね。

 変わったこともありますよ。街中でお子さんを抱っこしているお父さんを目にすることが増えました。当時の父親の多くは、赤ちゃんを抱っこするなんて恥と思っていました。男だって料理ができてこそ一人前という考えも広がっています。

 バリバリ働く女性が増え、そのような働き方をサポートする法律も整いました。でも、根本のところは変わっていない。やっぱり「女性は男性の理解があって働ける」となる。なぜ働くことに、男性の理解が必要なのですか。それに理解ではなく協力が必要なんです。口ではいくらでも言えますからね。

 今もセクハラ、パワハラが話題になっています。私たちのころもありました。勉強はできても、女性に対する考えは昔のままです。革新的なことを訴える政治家も女性観は保守的だ、と政治に詳しい知人が言っていました。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ