PR

ライフ ライフ

【昭和天皇の87年】若き皇太子の決意「今はどん底。日本を導いていかなければ…」

画=筑紫直弘
Messenger

玉音放送(2)

 「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び、もって万世のために太平を開かんと欲す」--

 昭和20年8月15日正午の、列島を涙につつんだ終戦の玉音放送。それを、学習院初等科6年生だった天皇陛下(当時は皇太子)は、栃木県奥日光の疎開先で聴かれた。

 学習院軍事教官兼御用掛の高杉善治によると、陛下は、宿泊先のホテルの一室で、ラジオの前に身動きもせず正座し、膝の上に置いた両手を握りしめ、静かに涙を見せられたという。

 当時11歳。「ご放送が終わった後もしばらくその場にすわり続けられ、万感無量をじーっとこらえながら、小さなお心を痛め、それに打ちかとうと覚悟されていたにちがいない。しっかり結んだお口元には堅いご決意のほどが拝察され、お気の毒に思いながら、また凛々しさに心打たれるものがあった」と、のちに高杉が書き残している。

 この日、皇太子を護衛する近衛儀仗(ぎじよう)隊は厳戒態勢を敷いていた。宇都宮の東部軍第14師団が決起し、戦争継続のため皇太子を奉じて会津若松に立てこもろうとしていると、不穏な情報が流されていたからだ。このため皇太子を長野県などへ避難させる計画が真剣に検討されたほどである。

 しかし陛下は、ラジオから流れる父、昭和天皇の覚悟を、涙とともにしっかり受け止められた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ