産経ニュース

【話の肖像画】スポーツキャスター・女優 大林素子(5) 東京五輪開会式に「演技者」として

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
スポーツキャスター・女優 大林素子(5) 東京五輪開会式に「演技者」として

大林素子さん(萩原悠久人撮影) 大林素子さん(萩原悠久人撮影)

 〈2年後に迫った東京五輪。ひそかな「夢」を持っている〉

 一つはもちろん、解説者として日本女子バレーの活躍を伝えることです。彼女たちが戦う「最高の瞬間」をしっかりとね。もう一つは表現者、演技者として開会式のセレモニーに出ることです。聖火ランナーになりたい、とか、君が代を歌ってみたい、じゃないんですよ。おそらく、開会式では日本の古代からの歴史を伝える出し物が行われる。「歴女(れきじょ)」の私としては、そこに出たい。サムライでも、その他大勢でも何でもいいんです。その中に入れば、私の大きな身長だって目立たないでしょ。

 実際に誰が開会式の演出を担当するのか? どんな方法でやるのか? それをつかんだときから私はアプローチを始めるつもりです。そして、表現者・演技者として選ばれるように、これからの2年間、芝居で結果を出さなきゃと思う。東京五輪を盛り上げるためのサポーターとして、できる限り、いろんな立場での応援もしてゆきますよ。

 〈昨年、50歳になった。少し「生き方」が変わったという〉

 「死」を意識するようになりましたね。もちろん、100歳までは生きるつもりなんですが、80代、90代になって今のような動きや仕事ができるか、って思うとそうではないでしょう。つまり、あと20、30年しか「時間」がないと思うと、先送りはできない。「今やるべきことは絶対に今日やる」「いつかやる、はダメ」。限りある残りの人生の中で、大切な時間を無駄にはできない、ってはっきりと思えるようになったのです。

続きを読む

「ライフ」のランキング