PR

ライフ ライフ

両陛下と皇族方、古式馬術「打毬」ご覧に

 天皇、皇后両陛下、皇太子さま、秋篠宮ご夫妻が観覧された古式馬術の「打毬」=29日午前、皇居内の馬場
Messenger

 天皇、皇后両陛下は29日、皇居内の埒(らち)馬場で、古式馬術の「打毬(だきゅう)」と呼ばれる競技をご覧になった。皇室に伝わる伝統文化で、皇太子さまと秋篠宮ご夫妻も同席された。

 打毬は西洋のポロと同じ中央アジアに起源を持ち、中国で完成し、8~9世紀頃、日本に伝来したという。宮内庁では馬車などを管理する車馬課主馬(しゅめ)班が、江戸時代の様式を継承。昭和時代には両陛下と皇太子さま、秋篠宮さまも楽しまれたという。

 この日は同課職員8人が紅白のチームに分かれ2試合を披露。「エイヤ」とかけ声を放ちながら、馬を巧みに操り、先端に網のついた棒で球をすくってゴールに投げ入れると、両陛下は盛んに拍手を送られた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ