PR

ライフ ライフ

直木賞作家、津本陽さん死去 89歳 「下天は夢か」歴史・剣豪小説で活躍

作家の津本陽さん
Messenger

 ベストセラー「下天は夢か」などの歴史小説で知られる直木賞作家、津本陽(つもと・よう=本名・寅吉=とらよし)さんが26日午後10時10分、誤嚥性肺炎のため東京都内の病院で死去した。89歳。葬儀・告別式は親族のみで行う。喪主は妻、初子(はつこ)さん。後日、お別れの会を開く予定。

 和歌山県生まれ。東北大法学部卒業後、10年以上の会社員生活を経て、同人誌「VIKING」で作家活動を始めた。昭和53年、故郷・和歌山の捕鯨漁民を描いた「深重(じんじゅう)の海」で直木賞を受賞。企業小説から、歴史、剣豪小説、伝記まで、幅広い分野で健筆をふるった。平成元年、織田信長を主人公にした「下天は夢か」がベストセラーに。豊臣秀吉の「夢のまた夢」(吉川英治文学賞)、徳川家康の「乾坤(けんこん)の夢」と合わせて「夢」3部作と呼ばれ、代表作となった。

 松下幸之助の生涯をつづった「不況もまた良し」や、田中角栄を描いた「異形の将軍」など著書多数。紫綬褒章、旭日小綬章も受章した。17年には菊池寛賞を受賞。18年まで直木賞の選考委員も務めた。剣道三段、抜刀術五段の腕前でも知られた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ