産経ニュース

【話の肖像画】スポーツキャスター・女優 大林素子(1)「日本一グロテスクな女優」の意味

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
スポーツキャスター・女優 大林素子(1)「日本一グロテスクな女優」の意味

(萩原悠久人撮影) (萩原悠久人撮影)

 〈いつの間にか、17年間続けたバレーボールの選手生活よりも芸能の世界が長くなった。スポーツキャスター、女優、タレント…。それは「自分」という存在を冷徹に見つめ、ピンチをチャンスに、コンプレックスを武器に変えながら、“本当にやりたいこと”への階段を上ってゆく日々だった〉

 29歳で現役を引退し、すぐにこの世界へ入りました。ちょうど、サッカーの武田修宏(のぶひろ)さん(51)や体操の池谷幸雄さん(47)たちアスリートがテレビのバラエティー番組などへ、どんどん出始めたころ。それまではバラエティーに出るなんてとんでもない、「テレビに出るヒマがあるのなら体を休めろ」と言われていた時代でしたからね。

 芸能の世界へ入って一番、とまどったのは「勝ち負け」がはっきりしないということかな。私の現役時代は、とにかくオリンピックで金メダルをとることしか考えなかった。勝者は常に1人(1チーム)だけで、それ以外は2位もビリも一緒、「負け」なんですよ。でもこの世界ではそうじゃない。価値の定義が百八十度違うんです。歌や芝居がうまいからといって、売れたり、賞をとれたりするとはかぎらない。かと思えば、昨日まで素人だった人がいきなり人気者になることもあるわけです。そうしたことへの葛藤や戸惑いは今でもありますね。

 〈芝居や歌で創造者・表現者となることを夢に描いてきた。だが、道は簡単ではない。なかなかオファーがなく、自分から演出家などへ手紙を書いたりしてアプローチし続けた。平成22年、世界的な演出家、蜷川幸雄(28年、80歳で死去)の舞台(「ファウストの悲劇」)に初めて上がることがかなう〉

続きを読む

「ライフ」のランキング