PR

ライフ ライフ

都内で急増! 固定電話の転送サービスを詐欺に悪用 発信元隠しなどに有効か 行政機関や企業装う

Messenger

 固定電話の転送機能サービスを悪用した特殊詐欺が東京都内で増えている。詐欺グループが携帯電話を使っていても、被害者には「03」などで始まる固定電話の番号が表示され、行政機関や企業からかけているように装えるためだ。警視庁は「相手の話をうのみにせず、電話帳やインターネットで番号を確認してほしい」と注意を呼び掛けている。

 「医療費の還付金がある」。昨年8月、墨田区に住む60代女性の自宅に、区役所の国民年金課の職員を名乗る男から電話があった。女性が翌日、男に伝えられた「03」から始まる番号にかけると、「現金自動預払機(ATM)に行ってくれれば手続きを指示する」と告げられた。

 女性は実際にATMを操作しようとした際、様子に気付いた巡回中の警察官に声をかけられて被害を免れたが、「本当に区役所からだと思ってしまった」と話した。警視庁によると、女性がかけた電話は転送され、男の使う電話につながっていた可能性が高いという。

 固定電話の転送機能サービスは本来、自営業者や会社員が外出している間でも、同じ番号を利用できるようにしたものだ。しかし、詐欺グループはこの特性を悪用し、発信元や身元を隠しているのに加え、複数の固定電話を転送させることで、番号から捜査の手が伸びるのを防ごうとしているとみられる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ