PR

ライフ ライフ

ボウイや清志郎…「SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬」 時代の雰囲気切り取る

Messenger

 本作では77年に来日したボウイのポートレート撮影に言及しており、その裏話が興味深い。「彼が次々にポーズを決め、僕はシャッターを切るのが精いっぱい。でもいい表情をしてくれるんだ」

 鋤田さんは相手をよく見て撮影するというポートレートの基本を踏まえ「相手の出方に柔軟に対応することも必要」と気づかされた。写真は後に彼のアルバム「ヒーローズ」のジャケットに使われた。

 撮影機器はさまざまに進化を遂げたが、「カメラは時代を映す強力な道具。今後も撮影を続けたい」。(高橋天地)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ