PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】作家・古井由吉(3)母は病室で受賞を見ていた

Messenger

 〈東大大学院を修了し、昭和37年に金沢大に助手として赴任。ドイツ語を教えるようになった〉

 赴任した翌年には「三八(さんぱち)豪雪」とも呼ばれる記録的な豪雪があって、屋根の上で丸1日かけて雪を下ろす日々が続きました。のどかな城下町で時間はたっぷりあった。でも、そもそもモラトリアム、モラトリアム…でなった大学教員なので「学者になる」という意志は薄かったんです。学者は頭の中に知識をしまっておいて、いつでも出せるようにしているもの。僕は本を読んで感銘を受けるんだけれど、すぐに忘れるからそれができない。この小さな違いが後々大きな違いになると感じていました。

 〈40年に立教大に転任し、東京都世田谷区のマンションに引っ越した。ドイツの作家、ヘルマン・ブロッホの長編「誘惑者」などの翻訳を手がけたことが転機となり、本格的に創作を開始。大学教員を辞め、専業作家となった〉

 ブロッホの小説には原書で半ページ近くも続く長い一文もある。文体も複雑です。一晩かけて1ページも訳せないこともあってね。ただ難解な長い文章を訳すうち、自分一人を超えた歴史や古代に触れる感覚があった。源氏物語なんかも、どこで切れるか分からないような長い文章でしょ。思えば、卒論を書いたカフカもそういう歴史感覚の中で、日常の不可思議を描いていた。それで「自分のうちに潜む声音を表に出したい」という欲求が出てきたんです。だから翻訳を終えたらおのずと小説を書けたところがある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ