PR

ライフ ライフ

両陛下の肖像画完成 ご即位後は初めて

天皇、皇后両陛下の肖像画(宮内庁提供)
Messenger

 宮内庁は21日、天皇、皇后両陛下の肖像画が完成したと発表した。ご即位後の姿を描いた両陛下の肖像画は初めて。画家で広島市立大学名誉教授の野田弘志氏(81)が平成26年から手がけた。縦横2メートルの油絵で、直立された両陛下のほぼ等身大の大きさ。今年3月、宮内庁に納められた。

 宮内庁によると、皇室には明治~昭和の歴代天皇、皇后の肖像画が計31点伝わっているが、両陛下のものは、皇太子同妃時代の昭和49年に制作された、お二方それぞれの肖像画2点が、ブラジルのサンパウロ市内にあるだけだったという。

 ご即位後の肖像画はこれまでなく、ご在位30年を控え、宮内庁が平成26年に撮影した両陛下の写真を野田氏に提供し、制作を依頼していた。

 肖像画の用途は決まっておらず、両陛下の私的な「御物(ぎょぶつ)」として管理されるという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ