PR

ライフ ライフ

来月にも小惑星「リュウグウ」到着へ 探査機はやぶさ2 「気持ちを引きつける何かがある」 メーカーのNECが会見

小惑星リュウグウに接近する探査機「はやぶさ2」の想像図(池下章裕氏提供)
Messenger

 来月下旬にも小惑星「リュウグウ」に到着する探査機「はやぶさ2」の機体を設計・製造し、運用を支援しているNECの担当者が21日会見し、「機体を一番よく知るメーカーの立場から、ミスなく確実に運用できるよう最大限支援していきたい」と意気込みを語った。

 同社は機体を加速する心臓部の「イオンエンジン」や、小惑星の表面を調べる赤外線カメラなど重要な装置の製造を担当。イオンエンジンの最初の起動時には、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の運用管制室で支援した。

 順調に航行していることについて、安達昌紀社会基盤ビジネスユニット主席主幹は「きちんと準備していても、実際に物事が起こるまでは不安だった。予定通りの順調な運用が続いており、ほっとしている」と話した。

 到着後は小惑星への降下など高度な運用技術を要する場面でJAXAを支援する。大島武プロジェクトマネージャーは「機体の位置を把握する作業は人手がかかる。確実に支援できるよう努力している」と話す。

 安達氏は「小惑星の形状や表面温度など、行って初めて分かることもある。JAXAの研究者を中心に、われわれも対応を考えることになるかもしれない」と、未知の星を探査する難しさに触れた。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ