PR

ライフ ライフ

シベリア抑留の画家、宮崎進氏死去 多摩美術大学名誉教授

死去した宮崎進さん
Messenger

 シベリアの抑留体験をモチーフにした作品群で知られる画家で多摩美術大学名誉教の宮崎進(みやざき・しん、本名・すすむ)氏が16日、心不全のため死去した。96歳。自宅は神奈川県鎌倉市小町。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は長男、泰(たい)氏。

 先の大戦後、ソ連軍にシベリアへ抑留され、昭和24年に帰国。42年、東北、北陸を放浪し、旅芸人の姿を描いた「見世物芸人」で安井賞を受賞した。平成10年、芸術選奨文部大臣賞。凍土の地の過酷な抑留体験をモチーフにした作品を晩年に発表し、反響をよんだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ