産経ニュース

【節約家計簿】100歳時代 介護費用取り分けも重要に

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【節約家計簿】
100歳時代 介護費用取り分けも重要に

 「100歳まで生きる想定」で、資金計画を立てなければならない時代といわれています。65歳でリタイアするとしても、35年もの長い時間が残される計算。社会人として働く時間にも匹敵する長さです。新入社員として働き始めた頃から、リタイアを意識する頃までの長期間の資金計画が必要だといわれても、何から手を付けていいのか、悩むのが現実ではないでしょうか。

 公的年金をベースに暮らす時代に重要なのは、公的年金の範囲内に食費や光熱水道代、日用雑貨費、社会保険料など、暮らしに欠かせないお金を収めること。年金内に収まりきらなくても、赤字は1万~2万円程度に収める努力が必要。老後資金が3千万円以上あるご家庭でも、月の赤字は3万円以内に収めましょう。

 年金生活での赤字は、日々の生活費だけではなく、家電の買い替え費用や固定資産税などの特別支出分も加算されます。年金生活で月に3万円の赤字を出しているご家庭の場合、特別支出分を足した年間の赤字は70万~80万円になるのが一般的です。年間の赤字が80万円だとすると、65歳から100歳までの赤字の累計額は2800万円にものぼります。もし年間20万円の節約ができて、年間の赤字額が60万円に減れば、赤字の累計額は2100万円に。年間20万円の節約努力によって、必要な老後資金額は700万円も下げられる計算です。

続きを読む

「ライフ」のランキング