PR

ライフ ライフ

【くらしナビ】無洲「ピアシス新橋店」、復興応援コース提供 おいしい食材と酒 福島県産前面に

Messenger

 復興支援に取り組むきっかけとなったのは浅野社長らが震災から2カ月後の平成23年5月に原発事故の現地対応拠点となっていた同県楢葉町・広野町のJヴィレッジを訪問したことだった。このとき、地元で何とか営業を続けたいと頑張る酒店のことを知り、この店から日本酒を仕入れることにしたという。

 店長の田中葉子さんは「これが縁になって店で出す福島県の日本酒が増えていき、食材も積極的に使うようになった」と振り返る。福島県の日本酒は17日に発表された全国新酒鑑評会で都道府県別の金賞受賞数が6年連続日本一となるなど高く評価されている。同店では現在、県内に60近くある酒蔵のうち54蔵の日本酒を味わうことができる。

イベントも開催

 同社では店舗での提供にとどまらず、トークショーやコンサートを楽しみながら料理と日本酒を味わうイベント「がんばっぺ福島!応援の集い」を28年から毎年3月に開催している。今年のイベントでは「福島の海の恵み」をテーマに、福島県立いわき海星高校の生徒が実習船「福島丸」で取ってきたマグロなどを使った魚介料理を提供した。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ