産経ニュース

【くらしナビ】無洲「ピアシス新橋店」、復興応援コース提供 おいしい食材と酒 福島県産前面に

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【くらしナビ】
無洲「ピアシス新橋店」、復興応援コース提供 おいしい食材と酒 福島県産前面に

「がんばっぺ福島!コース」の食材について説明する調理長の濱田さん(右)と店長の田中さん=東京都港区の「ピアシス新橋店」 「がんばっぺ福島!コース」の食材について説明する調理長の濱田さん(右)と店長の田中さん=東京都港区の「ピアシス新橋店」

 東京都内で福島県のおいしい料理と日本酒を堪能できる飲食店がある。「福島酒援・食援」を掲げ、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興支援に積極的に取り組んでいる飲食業の無洲(東京都港区)が経営する「PIASIS(ピアシス)新橋店」だ。福島県産の食材が約9割を占める「がんばっぺ福島!コース」を提供。日本酒は福島県の酒蔵のものしか置いていない。同社の浅野正義社長は「普段の生活の中で食べて飲むことを通じて支援の輪を広げていきたい」と話している。

6年連続日本一

 いわき市の小名浜漁港に水揚げされた天然ヒラメ、阿武隈川の源流の水で養殖されたメイプルサーモン、会津地方の名物の馬刺し…。造りを盛った大皿には、食材の宝庫といわれる福島県を象徴する海、川、山の幸が並ぶ。

 この日のコース料理にはこのほか、いわき市の郷土料理のサンマのポーポー焼きやメヒカリの唐揚げ、福島牛、川俣シャモなど計15種類もの福島県産食材が使われていた。

 同店で調理長を務める濱田憲一さんは「浜通り、中通り、会津とそれぞれの風土に育まれた“ならでは”の食材に恵まれていることが福島の魅力」と語る。

続きを読む

このニュースの写真

  • 無洲「ピアシス新橋店」、復興応援コース提供 おいしい食材と酒 福島県産前面に

関連ニュース

「ライフ」のランキング