産経ニュース

【話の肖像画】ミュージシャン・小室等(5)「その日の自分」表現したい

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
ミュージシャン・小室等(5)「その日の自分」表現したい

(飯田英男撮影) (飯田英男撮影)

 〈この日のステージでは音程に寄り添える部分は歌い、無理なときは、歌詞を語りながら曲を仕上げた。バンドのメンバーたちも小室の声を来場者に届けようと、メリハリの利いた演奏を披露した〉

 そのパフォーマンスが全ての聴衆に認めてもらえるかは分からなかった。だから「公演が気に入らなかった方にはチケット代を返します」という内容のアナウンスをしました。でも返金を求める方は一人もいなかった。それどころか「いつも以上にきょうは言葉が耳に入ってきました」と言ってくださるお客さんもいました。いつもは無意識に流して歌ってしまっているようなところも、その日は流せない。思いをしっかりと乗せられたのかもしれません。

 〈6月6日には東京都中野区のポレポレ坐(ざ)でライブを開催。6月30日には愛知県豊橋市のジャズバー「Coty(コティ)」で、ミュージシャンの佐久間順平さんとステージに立つ〉

 どんな状態でも、その日の自分を表現できることが今の僕にとっては大事なことだと実感しています。そう思うのは自分の残りの人生はもうそんなに長くはないと現実的に感じているからでもあるのでしょう。そんなことを思いながら、今は自分の音楽活動を展開しています。

 最近の音楽は、リズムありきの曲が少なくありません。リズムに当てはまるように言葉を乗せるので、一つの単語すらも切り刻んでしまう。でも、僕は言葉の語感を大事にしながら、歌のメッセージを届けていきたいと思っています。何しろ僕の音楽活動の源流は、自分の思いを歌に託して人々に訴えるフォークソングにあるのですからね。(聞き手 竹中文)=次回は作家の古井由吉さん

関連ニュース

「ライフ」のランキング