産経ニュース

【話の肖像画】ミュージシャン・小室等(5)「その日の自分」表現したい

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
ミュージシャン・小室等(5)「その日の自分」表現したい

(飯田英男撮影) (飯田英男撮影)

 〈近年は社会貢献活動にも意欲的に取り組む。福祉施設「近江学園」(滋賀県湖南市)などを創設した糸賀一雄さんの名を冠した「糸賀一雄記念賞音楽祭」の総合プロデュースを担当。障害者たちとアーティストたちが一緒に行う活動を取り仕切る〉

 最初は、鑑賞に堪えうる表現になるだろうかと不安でした。でも、このイベントに参加することで、今までとは違う世界が見えるようになったんです。

 たとえば、障害のある人たちとプロのダンサーが一緒に踊るワークショップがありました。普段は車いすで生活している女性がステージでは車いすを降りることになったんです。彼女が自分の肉体を精いっぱいに使いながら一生懸命に動いていたのが印象に残っています。彼女がステージの袖から出てくるとき、「私を見て」というような明るい表情を客席に向けていました。彼女の本当に楽しそうな姿が実に印象的でした。

 障害者に関わり続けることで、私自身にも変化がありました。今年4月に東京でライブを行ったのですが、その日の朝から、のどが腫れてほとんど声が出なくなってしまった。これほど出なくなったのは初めての経験でした。こんな状態でライブをするなんてありえない。かつての僕だったら謝罪して公演をキャンセルしたと思うんです。

 でもそのとき、今の状態で自分がどんなパフォーマンスができるのかを発見してみたい、と思えるようになっていたんです。その発見を楽しんでいる僕を表現できれば、観客の方たちも面白がってくれるはずだという気持ちを持てるようになりました。

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング