PR

ライフ ライフ

【東京五輪・パラリンピックと大学】東京大会を学びと成長の場に ボランティアと未来の共生社会について 駒澤大が「学長課外講座」 

Messenger

 吉田氏 レスリングの場合はマットまでの誘導や着替えのかご持ち、ドーピング検査などボランティアのサポートが重要となります。それにより、スムーズに競技が進行し、選手も助かります。

 中畑氏 日本人は内気な人が多いんです。ボランティアをやりたいと思う人は多いが、行動に移す人がどっちかといえば少ないです。一人になったときにできるかが、すごく大事になってきます。

 小池知事 アスリートが主役、でもボランティアも主役です。自分が関わったんだという思いが人生の糧になります。思い出を作ることが自分のレガシーとなります。いろんな形で支える側として参加してほしいです。

自発的な活動通じ人材育成

 --2020大会では、どのようにパラリンピックに関わっていくのかも大きなテーマになります

 小池知事 リオ、平昌でパラリンピックを見てきました。リオの水泳大会では両腕のない方がトビウオのように水の中を走るように泳ぐ姿を見て、本当に感動しました。(夏季)パラリンピックの競技は22種目あり、いろいろな方々がすごい技をやってのけます。それを見るだけで人間の可能性は無限なのだとつくづく感じます。

 そういう意味でノーリミッツチャレンジというイベントを東京都として開催しています。先日、駒沢オリンピック公園総合運動場でパラ駅伝をやり、(観客らで会場が)全部埋め尽くされてすごかった。その前の年は半分ぐらいだったが、どんどんどんどん盛り上がってきています。

 --吉田さん、オリンピアンから見たパラリンピアンの印象は?

 吉田氏 すばらしいアスリートがたくさんいて、本当に元気で明るい印象。前向き、プラス思考で、私も元気をもらうことが多い。ボッチャを経験させてもらったことがあるが、本当に楽しい競技。頭脳プレーで、レスリングとは違う経験をさせてもらいました。パラリンピックでしか見ることできない競技がたくさんあります。

 --指導者をしてきた中畑さんがパラリンピアンを見て気づいたことは?

 中畑氏 選手本人たちは「障がい者という目線だけはやめてください」ということを必ず言います。思いやりが逆効果になっていることがあります。障がい者の人たちは本当に元気。近くで見ていて、こんなに勇気づけられる人たちはいないと思う。その人たちの人生を振り返ってみたら、いろいろなことをはねのける忍耐力、免疫力を持った人たち。そういうエネルギーを持っているということを感じて競技場で生で見てほしい。そうすると、自分自身の新しいエネルギーがわいてくるかもしれません。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ