産経ニュース

【教育動向】小学校プログラミング教育は何のため? 授業はどうなる

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【教育動向】
小学校プログラミング教育は何のため? 授業はどうなる

 2020年度から全面実施となる小学校の新学習指導要領では、プログラミング教育が必修化されます。外国語などと違って2018~19年度の一部前倒し実施(移行措置)は義務付けられてはいませんが、独自の判断で授業に取り入れる学校もあります。

 文部科学省が先頃作成した手引書をもとに、小学校プログラミング教育は何のために、どうやるのかを見ていきましょう。

コンピューターを通して論理的に考える力を育てる

 プログラミング教育というと、独特な英数字の命令文(プログラミング言語)を延々と打ち込む「コーディング」を教えることを思い浮かべがちです。

 しかし実際の小学校向け教材では、あたかもブロックを組み上げるかのように命令を組み合わせることで、簡単にプログラミングができる「ビジュアル型プログラミング言語」が普及しています。タブレットでマウスやタッチによって操作するものが主流なので、パソコンに慣れていない小学生でも感覚的に扱えます。

 何より重要なのは、「プログラミング的思考」を育てることです。プログラミング的思考とは、自分がしたい活動を実現するために、どのような動きが必要で、どのように組み合わせたら、したい活動に近付くのかを、論理的に考えていく力だとされています。

 こう説明されると、「あれ、論理的思考力なら、コンピューターを使う必要はないんじゃないか」と思う人がいるでしょう。実際、算数をはじめとして、これまで日本の学校の授業では、広い意味でのプログラミング教育を行っているとも言えるのです。

 ただ、それがコンピューターと結び付かなければ、いつまでもプログラムは、何やらよくわからない「ブラックボックス」のままです。▽身近な生活でコンピューターが活用されていることや、問題の解決には必要な手順があることに気付くこと▽コンピューターの働きを、よりよい人生や社会づくりに生かそうとする態度を養うこと…も、プログラミング教育で育てたい力です。だから小学生にも、実際のプログラミングを体験させようというわけです。

続きを読む

「ライフ」のランキング