PR

ライフ ライフ

【滝村雅晴のパパ料理のススメ】(2)親子で作って食べるを体験

都内で4月21日に開かれた「春のパパ子魚料理教室」
Messenger

 子育て中のパパたちと、魚食を通して家族の笑顔を増やす「パパさかな大使」プロジェクトが、「さかなの日」の3月7日にスタートした。パパさかな大使検定を受けて合格すれば、「パパさかな大使」になれる。私はパパさかな大使代表として日々、家族いっしょにおいしい魚料理を食べる楽しさを伝えている。

 4月21日にパパさかな大使を対象とした「春のパパ子魚料理教室」が都内で開催され、講師を務めた。子供に魚をおいしく食べてもらいたいパパ10人と子供13人が参加し、大使同士の交流を行った。

 親子の会話が多い、子供たちが元気、先生である私に話しかけてくる家族が多いと盛り上がる。9年ほどパパ子料理教室で教えているのですぐに分かる。この日はまさにそう。パパさかな大使のパパたちは、親子仲が良くて明るかった。

 料理教室で使う食材の目玉は築地仲卸から直接仕入れた新鮮な丸々としたイワシ。刺し身がおいしいと仲卸から聞いたので、準備中にさばいて刺し身に。生姜醤油(しょうがじょうゆ)でいただいたが、最高の脂ののりで味わい深かった。丸魚のイワシ50匹をスーパーで調達するのは難しい。業務用として事前に仲卸に注文することで無事仕入れることができた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ