PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】ミュージシャン・小室等(4)陽水、拓郎、泉谷と“冒険”へ

(飯田英男撮影)
Messenger

 〈昭和43年に音楽ユニット「六文銭」を結成して表現の幅を広げる一方で、時代の旗手として今も走り続けるミュージシャン、井上陽水さんのデビュー時には陰の立役者にもなった〉

 陽水さんと初めて仕事でご一緒したのは、彼がアンドレ・カンドレ名義で出したデビュー曲「カンドレ・マンドレ」(44年)です。

 編曲を依頼されたのですが、僕としては、自分の世界観を望まれたと思っていました。でも、陽水さんは自分のデモテープの味を生かした演奏を期待していた。だから、収録スタジオでは陽水さんから徹底的なダメ出しがきました。彼は軽やかで甘い歌声だけど、やりたいことを実現させるときにはしぶとい人なんです。

 驚いたけれど、彼が出したい音を追求した方が面白くなると思い直した。結果的に陽水さんの“らしさ”が出せたと思います。

 〈「出発(たびだち)の歌」(46年)をヒットさせる前から、シンガー・ソングライターの吉田拓郎さんとも交流を深めてきた〉

 最初の出会いはどこかの音楽コンテストでしたが、拓郎さんの歌詞の世界観を深めるような趣のあるすてきな声質にほれ込みました。拓郎さんはこだわりは強いが、方針転換も早い人。「六文銭」の曲「出発の歌」が売れたときは私を「商業主義に身を売った」と批判したのに、いざ自分の「結婚しようよ」が売れたら、パタリと言わなくなった(笑)。

 〈50年、「フォーライフレコード」の設立に奔走。現役ミュージシャン4人らのレコード会社設立という試みは当時、大きな反響を呼んだ〉

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ