産経ニュース

藤井人気で将棋教室盛況 挫折体験を教訓に「楽しく」 元奨励会員、横浜で指導

ライフ ライフ

記事詳細

更新


藤井人気で将棋教室盛況 挫折体験を教訓に「楽しく」 元奨励会員、横浜で指導

 将棋教室で子どもたちを指導する鈴木肇さん=4月20日、横浜市南区  将棋教室で子どもたちを指導する鈴木肇さん=4月20日、横浜市南区

 退会後は将棋を見るのも嫌だった。飲食店でアルバイトを始めた頃、地元、神奈川の将棋関係者から「教室をやってみないか」。教えるのが好きなこともあり、一念発起。4年前に生徒1人で出発し、評判は口コミで広がった。

 中学や高校の部活動でも教える多忙な日々だ。「ブームのおかげですね。子供が将棋を好きになってくれるのがうれしい」と笑顔で話す。

 合宿に講師で参加した佐々木勇気六段(23)は「奨励会を退会して苦労を知っているので、その分楽しさを伝えたいという思いが強いのでは」と語る。

 これから教室を増やしていくつもりだ。一過性のブームでは終わらせたくない。「奨励会の頃は将棋が楽しくなかった。でも、やっぱり好きなんですよ。習ってよかった、と思ってくれる先生になりたい」

 奨励会 日本将棋連盟のプロ棋士養成機関。三段から6級までで構成され、二段までは東西にわかれて行い、規定の成績をあげると昇級・昇段となる。三段になると東西をあわせてのリーグ戦を半年単位で行い、上位2人が四段に昇段し、正式にプロ棋士となる。満21歳の誕生日までに初段、満26歳の誕生日を含むリーグ終了までに四段になれなかった場合は退会となる。ただ、最後に当たる三段リーグで勝ち越せば、次回のリーグに参加可能。以下、同じ条件で在籍を延長できるが、満29歳のリーグ終了時で退会となる。

このニュースの写真

  • 藤井人気で将棋教室盛況 挫折体験を教訓に「楽しく」 元奨励会員、横浜で指導

「ライフ」のランキング