産経ニュース

【教育動向】自己肯定感、少し高まった?日本の高校生

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【教育動向】
自己肯定感、少し高まった?日本の高校生

 学習や学校生活を通して、子どもたちに成功体験を積み重ねさせることで、自己肯定感を育んでいくことが今後ますます求められるでしょう。調査結果によると、保護者との関わりの数値は中国に次いで高くなっていますが、自己肯定感の基盤には良好な親子関係があることも、忘れないでおきたいものです。(筆者:渡辺敦司)

※高校生の心と体の健康に関する意識調査 -日本・米国・中国・韓国の比較-(2018年3月)

http://www.niye.go.jp/kenkyu_houkoku/contents/detail/i/126/

※指導要領改訂の中教審答申(2016年12月)

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/__icsFiles/afieldfile/2017/01/10/1380902_0.pdf

【プロフィル】渡辺敦司 1964年北海道生まれ。横浜国立大学教育学部卒。1990年、教育専門紙「日本教育新聞」記者となり、文部省、進路指導問題などを担当。1998年よりフリー。連載に「『学力』新時代~模索する教育現場から」(時事通信社「内外教育」)など。

(提供:Benesse教育情報サイト

「ライフ」のランキング