PR

ライフ ライフ

外国人児童5%が特別学級 制度整わず受け皿化か 日本人の倍、NPO調査

Messenger

 特別学級は知的障害など支援が必要な児童が対象で、きめ細かな教育を受けられる利点がある。ただ、センターの調査担当者は「これほど外国人児童の在籍率が高い状況は不自然では」と訴えている。

 特別支援学級 知的障害や自閉症のほか、弱視、難聴などがある子供が通う学級。平成18年に特殊学級から名称変更された。通常学級と比べ少人数のため、作業学習や日常生活に関する個別指導を受けられる。一方で、算数など科目学習の進度が遅い場合もある。特別学級に入れるかどうかは、保護者の意向を踏まえ各自治体の教育委員会が判断する仕組みとなっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ