PR

ライフ ライフ

資料作成から社長のスケジュール管理まで引き受け ニットの秋沢崇夫社長、人手不足解消へ手助け

 インタビューに答えるニットの秋沢崇夫社長
Messenger

 企業の経理や市場調査などの業務をインターネット上で代行するサービスを手掛けている。「人手不足を解消し、主業務に専念できる環境を整えたい。代行するスタッフには育児や介護と両立させ、地方からも能力を生かした働き方ができる場を提供したい」と語る。

 会議の資料作成、社長のスケジュール管理といった幅広い仕事を引き受ける。1社につき10人程度のチームで対応するのが大きな特徴だ。専門性を生かした質の高い仕事を提供する狙いがある。年間契約の場合、月約8万円で月30時間まで自由に利用できる。契約する約180社からは「新規に人を雇用するよりもコストが低い」「特定業務に集中でき、生産性が上がった」との声が上がる。

 約400人のアシスタントが業務を代行する。地方在住者が大半で子育て中の女性が多く、配偶者の転勤に伴い海外で暮らす人もいる。「自分のスキルを生かして仕事ができる」「好きな創作活動をしながら収入を確保できる」といった声が聞かれるという。

 ITベンチャー企業に約10年勤めた後、1年ほど海外を旅しながらパソコンを使いフリーで仕事をする経験をした。「会社に通うだけがすべてではない」と平成27年に創業。「ニットを編むように人と人、社会と社会をつなげていけたら」と29年にニットとした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ