PR

ライフ ライフ

【クローズアップ科学】金井飛行士、宇宙から寄稿 宇宙船キャッチは「スリル満点」

Messenger

集中すれば恐怖なし

 ちょっと前には、宇宙服を着て、宇宙ステーションの外の宇宙空間に出て作業を行う機会(船外活動)がありましたが、やはり同様に、これまでの数えきれないほどの訓練が役に立ったと思います。初めての宇宙空間では、手を離せば自分の体が宇宙ステーションから離れていってしまうのではないかという怖さは独特でしたが、作業内容は、巨大なプールの中で水中用の宇宙服と実物大の模型を使って行った訓練と同じ。自分のやるべきタスクに集中してしまえば、怖さも、足元に広がる壮大な地球の美しさも些末(さまつ)なこととなり、ほとんど意識しなくなりました。

 宇宙飛行ミッションは、そうたびたび経験できるものではありませんから、実地経験を重ねて上達するというわけにはいきません。でも適切な訓練を繰り返すことで、初めてのことであっても、難しい作業を成功させることができたという体験は、「一人前」の宇宙飛行士となるにあたっては、何物にも代えがたい貴重な経験であったと思います。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ