PR

ライフ ライフ

【昭和天皇の87年】悲劇の満州在留邦人 婦女子らの列にソ連軍戦車が突っ込んだ!

画=筑紫直弘
Messenger

葛根廟事件

 昭和20年8月14日、事件は、満州西北部の興安総省葛根廟(かっこんびょう・現中国内モンゴル自治区)で起きた。

 省都の興安が8月10日にソ連軍機の無差別爆撃を受けたため、約4千人の在留邦人は3班に分かれて北方へ避難を開始した。このうち、約40キロ離れた葛根廟に向かって移動中の約1300人が、14日午前11時40分、草原の中でソ連軍の戦車部隊と遭遇した。

 興安総省旗公署参事官の浅野良三に率いられた在留邦人の大多数は、婦女子と老人だった。約80人の男たちの一部が警戒のため小銃を携行していたが、民間人が避難しているのは誰の目にも明らかだ。

 しかしソ連軍は、この避難民に向けて、一斉に銃弾を浴びせた。

 生存者らの証言によると、殺戮(さつりく)は凄惨(せいさん)を極めた。

 ソ連軍は最初、無抵抗の姿勢を示した浅野を機関銃で射殺(※1)。続いて戦車14両が避難民の列に突っ込み、婦女子らを轢き殺していった。

 戦車は列を通り過ぎてから反転し、再び列に突っ込む。キャタピラに轢き回された死体が空中に飛んだ。

 戦車の攻撃が終わると、歩兵部隊が逃げ惑う避難民をところどころに包囲し、自動小銃で掃射した。

 殺戮は、一時間以上にわたって続いたという。

× × ×

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ