PR

ライフ ライフ

北海道占冠村の星野リゾート雲海テラス 今季オープニングセレモニー 2018個の風船が青空に

星野リゾートトマムの雲海テラスオープニング式で、風船が飛ばされた=12日午前6時10分、北海道占冠村(杉浦美香撮影)
Messenger

 北海道占冠(しむかっぷ)村の星野リゾートトマムの雲海テラスで12日、今季の営業が始まり、風船を飛ばすオープニングセレモニーが行われた。

 雲海テラスは標高1088メートル。太平洋で発生した雲海が日高山脈を越えて流れ込むなど、気候条件が重なったときに雲海を見ることができる名所だが、この日は快晴で雲海は発生しなかった。同リゾートによると、雲海を見られる確率は約40%という。

 午前6時すぎ、集まった約600人が自分たちの願い事を書いた青と白のバルーンを飛ばした。2018年にちなみ用意された2018個が大空に舞い上がった。参加者らにはシャンパンもふるまわれた。

 静岡県裾野市からカップルで訪れた会社員、横谷卓郎さん(25)は「雲海は見られなかったが、すがすがしい」と笑顔。韓国から友人と訪れた大学生、朴秀珍(パク・スジン)さん(23)は「韓国でも雲海が発生する所があるが、まだ見たことがない。また来たい」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ