PR

ライフ ライフ

【平成30年史 デジタルが変えた文化(4)】デジカメ、スマホ…「民主化」で誰もがカメラマン

「野生展」の会場に展示された大森さんの作品
Messenger

 2月まで2121デザインサイト(東京都港区)で開かれていた「野生展 飼いならされない感覚と思考」の一角に、写真家の大森克己が作品を展示していた。博物学者の南方熊楠を紹介する展示と対応させて壁に十数点の写真を並べた。そのうち最も大きく引き伸ばされた滝の写真など3点はスマートフォンで撮影されたものだった。

 「世の中がそうなってしまっているのだから、使わないほうが不自然。スマホもいくつか持っているカメラの一台として普通に使っている」

                 ■ ■ ■

 写真はデジタルか、アナログか-。そんな質問を聞かなくなってどれぐらいになるだろう。「平成14年にデジタルカメラの総出荷数がフィルムカメラを初めて上回った頃は、対立の図式が成り立っていた」。そう振り返るのは写真評論家の飯沢耕太郎だ。

 画像を電気信号に変換して記録するデジタルカメラのシェアは、元年にはゼロに近かった。市場を占めていたのは感光材料を記録媒体にするフィルムカメラ。しかし「ゼロ対100」は30年のいま、ほぼ「100対ゼロ」に。平成の写真史はフィルムからデジタルへの劇的な移行期と重なる。

 飯沢は16年に「デジグラフィ」という著書を刊行した。〈19世紀の写真発明の時期に匹敵する、あるいはそれ以上の大転換期〉と指摘して、デジタル社会の到来も見通していた。「だけど」と飯沢は苦笑する。

 「デジタル対アナログという状況なんて、あっという間になくなった。ケータイとSNSの出現で、いまやアナログはオルタナティブ(代替物)の位置づけしかない。日常的な写真体験の中ではもう普遍性を持たない」

                 ■ ■ ■

 デジタルカメラの高画質化と低価格化によってフィルムカメラの出荷数は急減し、20年には統計上「数値不明」となる。つまり、ほとんど生産されなくなった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ