PR

ライフ ライフ

【びっくりサイエンス】洞窟を飛ぶコウモリは仲間となぜ衝突しないのか? 秘密は超音波の「声色」にあった

Messenger

 しかし研究チームは、混信を効率良く避ける超音波センサーの開発などに仕組みを応用できるのではないかとみている。また、動物の集団行動を理解するための新たなモデル動物としての利用もできそうだ。

 同志社大の飛龍志津子教授は「コウモリが集団飛行する際の混信回避方法がやっと分かった。ほんのわずか周波数を変えるだけの単純な方法で、実に効率的に問題を解決していた。将来的には、多数のロボットが自律的に協調して動く仕組みなどにも役立ちそうだ」と話している。(科学部 伊藤壽一郎)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ