産経ニュース

【話の肖像画】野球解説者・佐々木信也(4)フジテレビの誘い「待ってました」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
野球解説者・佐々木信也(4)フジテレビの誘い「待ってました」

「プロ野球ニュース」のキャスター時代=昭和54年 「プロ野球ニュース」のキャスター時代=昭和54年

 〈深夜の時間帯は日本テレビのワイドショー「11PM」などが主流だった昭和51年4月、フジテレビはスポーツ番組「プロ野球ニュース」で勝負を挑む。そのメインキャスターに選ばれた〉

 私はそれまでもテレビ局に「一度でいい。試合の司会(アナウンサー)と解説を1人でやらせてほしい」と頼んでいました。ラジオ番組などでしゃべりの経験を積んでおり、自動車でいえば助手席(解説者)ではなく、運転席でハンドルを握ってみたかった。だから、プロ野球ニュースの話がきたときは、もう「待ってました!」という感じでした。

 番組で試合と試合の間をつなぐのも私の大事な役割。毎日、自分の車で試合前の球場へ行き、拾い集めたネタを小出しにしました。大洋(現DeNA)の控え内野手、松岡功祐が逆転打を放つと、彼がグラウンドの出入りで必ず丁寧にお辞儀することを紹介。「普段からのそうした真摯(しんし)な態度があの殊勲打を生んだに違いない」と話し、本人に「(反響で)家の電話が鳴りやまなかった」と感謝されました。

 生放送にはミスがつきもの。キャスターにはハプニングへの対応力も求められます。ある日、番組が終わってもコマーシャルが流れず、私を映すカメラは作動したまま。たまたま西武が優勝した日だったので「ライオンズの優勝は人の輪がもたらしたのだと思います」などと話して何とか乗り切りました。

 〈53年11月には巨人入団を熱望し、この年米国留学していた江川卓投手がドラフト直前に当時の野球協約の“空白の一日”を主張し、巨人との契約を発表した「江川事件」が起きた〉

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング