PR

ライフ ライフ

【本郷和人の日本史ナナメ読み】歴史的人物と性格・番外編 「信長は普通の戦国武将」説は妥当か?

金華山山頂にそびえる岐阜城。長良川(左)を天然の外堀にし、山そのものを要塞化したことで、難攻不落の城といわれた=岐阜市(本社ヘリから)
Messenger

 財務省の事務次官が取材に来た女性記者に「触っていい?」と尋ねた。セクハラだ、と大ニュースになっています。福田淳一さんという方でしたよね。ぼくは彼と大して年が違わないので、複雑な思いがあります。本コラムはそれを書く場ではないので自粛しますが、まあいろいろ考えたのです。それでヘンな話ですが、その過程で織田信長の比叡山焼き打ちを想起しました。

 いま比叡山を訪ねると、長い歴史や規模のわりに国宝や重文クラスの建造物や仏像はほとんどない。膨大に蓄積されていたはずの古いお経や古文書もない。なぜかというと、信長が焼いてしまったから。中世ではお寺が兵乱や火災に見舞われることがしばしばあり、そうした場合にお坊さんたちは仏様や経典をともかく退避させる。その観念がありながら何もできなかったのですから、信長の破壊の徹底ぶりがうかがえます。

 比叡山延暦寺は日本仏教の事実上の総本山です。それを丸ごと焼いてしまった。善悪はおくとして、絶対に普通じゃない。それなのに、信長は神仏を軽んじていたわけではない(重んじた、とは言わないところがミソ)、と説く研究者がいるのであきれます。

 それから、信長はちゃんと「手続きを順守」(左の方はこれが大好き)しているので彼の行為はよく理解できる、という研究者がいる。信長は比叡山に対し「浅井・朝倉ではなく織田の味方をしろ」→「ノー」、「じゃあ、せめて中立を守れ」→「ノー!」、「そんな無礼な態度を取るのなら焼いちゃうぞ」→「できるものならやってみろ!」、「ホントにやるぞ」→「だから、やってみろ!」、「いいんだな」→「来るなら来い!」、「よろしい、ならば戦争だ」。つまり攻撃するに際して順を踏んでいるのだ、と。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ