PR

ライフ ライフ

【教育動向】大学生の自学一日1時間…でよいの?

Messenger

 新学期が始まって1か月。「五月病」という言葉も聞こえてきます。

 ところで最近の大学生は昔と違って、まじめに授業に出席する傾向が強まっています。それは結構なのですが、家でほとんど勉強しなかったり、3年生までにほとんどの単位を取得したりする傾向だけは、昔と変わらないようです。本当にそれでよいのでしょうか。

1・2年生の授業出席は週20時間なのに

 大学生(学部昼間部)の学習状況を、先頃公表された国立教育政策研究所の2016年度調査結果から見てみましょう。

 予習・復習の週当たり平均時間は、1年生4.9時間、2年生5.4時間、3年生5.0時間と、いずれも5時間前後。授業でさまざまな課題やレポートが課せられているはずですが、平日1時間程度というところでしょうか。授業の少ない4年生は2.9時間となっています。

 授業以外の学習に費やす平均時間は、学年順に2.1時間、2.6時間、4.0時間、4.8時間ですが、ゼロというのも多くを占めています。同研究所では、公務員試験や資格取得、進学などを希望する学生が集中的に勉強し、平均値を押し上げていると見ています。

 授業の平均出席時間は、週に各20.0時間、19.4時間、15.5時間、5.4時間。最初のうちに一日4コマ目いっぱい単位を取っておき、3・4年生では徐々にゼミや卒論に比重を移す…という4年間のサイクルに変わりはないようです。もっとも最近は、土曜日なども授業があるのは当たり前ですし、就職活動に充てる時間は保護者世代の比ではありませんから、学生生活は昔以上に忙しいと言えるでしょう。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ