PR

ライフ ライフ

【佐藤綾子のパフォーマンス講座(29)】前財務事務次官と前新潟県知事の巻 歯切れが悪いとモテませんよ

辞任の意向を表明する財務省の福田淳一事務次官=4月18日、東京都千代田区の同省(佐藤徳昭撮影)
Messenger

 《パフォーマンス学の権威として知られる佐藤綾子氏が、「リーダーたちに学ぶ伝え方」として、各界の第一線で活躍するリーダーの所作を通じ、社内でのプレゼンテーションや営業トークといったビジネスの現場で役立つテクニックを伝授します。産経ニュースへの特別寄稿です》

男らしさ感じない

 テレビ局の女性記者へのセクハラ問題で福田淳一・前財務事務次官が、金銭授受を伴う女性との交際で米山隆一・前新潟県知事が相次いで辞職しました。この2人については共通点と差異がそれぞれあります。

 まず、2人とも東大出のエリートなのですが、私から見れば必ずしも女性の目に魅力的と映るとはかぎらないということです。辞職を表明する2人の会見映像を見ていても、煮え切らない感じがするし、男らしさを感じさせません。それは顔の表情や身動きなどにも共通することです。

 2人の共通点は歯切れの悪さです。18日に辞職を表明した福田氏はすでにボイスレコーダーに録音された声が公開されているのに、それが自分の声か分からない、録音された会話をしたか覚えていないなどと釈明しました。女性記者の取材は財務省の文書改竄(かいざん)問題が浮上してからのことだというので、この2カ月ほどのこと。財務省の調査では4月4日夜に女性記者と1対1の飲食をしたことは認めたそうです。まるで記憶喪失にでもなったかのようです。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ