産経ニュース

【平成30年史 デジタルが変えた文化(2)】ユーチューブ 「ダンシング・ヒーロー」再評価のなぜ

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【平成30年史 デジタルが変えた文化(2)】
ユーチューブ 「ダンシング・ヒーロー」再評価のなぜ

昨年の「第59回 輝く!日本レコード大賞」の一場面。歌手の荻野目洋子と大阪府立登美丘高校ダンス部が共演した=2017年12月30日(撮影・吉澤良太) 昨年の「第59回 輝く!日本レコード大賞」の一場面。歌手の荻野目洋子と大阪府立登美丘高校ダンス部が共演した=2017年12月30日(撮影・吉澤良太)

 こう語るのは、ビルボードジャパンのヒット曲の集計を行っている「阪神コンテンツリンク」のビルボード事業部担当部長、礒崎誠二(49)だ。「ダンシング・ヒーロー」はいつの間にか盆踊りの曲としても定着していて、復活の兆しはあったという。礒崎は「楽曲の力強さに加えて、今の流行の音楽にも合致した。だから、再評価されたのだろう」と分析する。

 子供からシニアまで口ずさめる「ダンシング・ヒーロー」。しかし、ほんの少し前までは、音楽のデジタル化によって“国民的”なヒット曲は出にくくなる-と言われていた。

 音楽配信を手掛ける「レコチョク」は平成14年に携帯電話(ガラケー)向けに着信音に使える音楽の配信サービス「着うた」をスタート。16年には、楽曲全体を配信する「着うたフル」を始めた。新しいメディアに強い関心を示したのは若者たち。「対象となる世代が分散したために年齢を超えた“共通言語”としてのヒット曲が誕生しにくくなった」と礒崎は振り返る。しかし、デジタル環境は変化を続ける。

続きを読む

「ライフ」のランキング