PR

ライフ ライフ

給食発注ミスで品数減少 埼玉の小学校、校長が自費で39万円補填

Messenger

 埼玉県鴻巣市立広田小で、2~3月に給食の献立が通常より品数が少ない状態が続いていたことが2日、分かった。

 市教委によると、昨年12月に同校の栄養教諭が集金した3カ月分の給食費を1カ月分と誤って発注してしまった。余剰金が出ないようにするため、高価なデザートなどを発注していたという。

 この栄養教諭が産休に入り、2月下旬に後任の栄養教諭が品数が少ないことに気づき、事態が発覚した。給食費が不足したことを受け、同校は品数を減らすなどの対応をとっていたが、校長が不足分の約39万円を自費で補填(ほてん)した。3月5日からは通常の献立に戻っているという。

 広田小の田部井康弘校長は産経新聞の取材に「子供たちが食べる給食で不自由な思いをさせてしまい申し訳ない。今後より適切な会計を心がける」と回答した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ