PR

ライフ ライフ

【教育動向】英語力を今後どう伸ばす? 政府目標に及ばないなかで

Messenger

 中高生の英語力が、政府の定めた目標に及ばなかったことが、文部科学省の調査でわかりました。ますます国内外でグローバル化が進展する社会に出ていく子どもたちにとって、英語を使ったコミュニケーション能力は不可欠です。今後どうやって英語力を伸ばしたらよいのでしょうか。

5年間では着実に向上したものの

 国の教育政策をめぐっては、2006年の教育基本法改正により、政府が教育振興基本計画を閣議決定することになっています。第2期計画(2013~17年度)では英語力に関して、中学校卒業段階で「英検3級程度以上」、高校卒業段階で「英検準2級程度~2級程度以上」を達成した中高校生の割合を50%にするという目標を盛り込みました。

 文科省が全公立学校を対象にした2017年度の英語教育実施状況調査によると、目標を達成した生徒の割合は、中学生が40.7%(前年度比4.6ポイント増)、高校生が39.3%(同2.9ポイント増)でした。2013年度と比べれば各8.5ポイント増、8.3増と5年間では着実に向上していますが、政府目標には及びませんでした。

 ところで、ここで言う英語力とは「聞く・読む・話す・書く」の4技能がバランスよく備わった英語力のことです。指導要領でも、改訂のたびごとに4技能を統合したコミュニケーション能力の育成を重視する方向を強めています。しかし大学入試センター試験が「読む」(筆記)や「聞く」(リスニング)に偏るなどの影響もあって、とりわけ高校の授業がなかなか変わらないと、文科省はみています。調査を見ても、スピーキング(話す)やライティング(書く)のパフォーマンステストを実施しているのは、中学校で96.9%でしたが、高校では63.5%にとどまり、「英語表現」I・IIでさえ70%以下でした。

注目される福井県の取り組み

 そうしたなかで注目されるのが、福井県です。目標達成率は中学生が62.8%(前年度比16.3ポイント増)、高校生が52.4%(同7.6ポイント増)で、いずれも都道府県別1位でした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ