PR

ライフ ライフ

「お堀ラン」普及でにぎわい創出 駿府城公園近くにランナーの憩いの場 静岡

1日にオープンする「駿府城ラン・アンド・リフレッシュステーション」のカフェスペース
Messenger

 「朝、通勤前にランニングしてダイエット」「退勤後に仲間と汗を流しておいしいビールを飲みたい」-。そんな要望に応える休憩施設「駿府城ラン・アンド・リフレッシュステーション(ランステ)」が5月1日、市民ランナーのメッカである静岡市葵区の駿府城公園近くにオープンする。通勤の前後に利用できるよう営業時間を午前7時~午後9時として社会人の利用を促し、皇居ランならぬ“お堀ラン”をさらに普及させる狙いだ。(石原颯、写真も)

 駿府城公園をめぐる堀沿い(1周約1・6キロ)は、復元された櫓(やぐら)や整然と積まれた石垣、四季折々の花々などの眺めが美しい県内屈指のランニングコースとして、市民ランナーの圧倒的な支持を集める。

 その一角に出現した木目調のモダンなデザインが目を引く建物は、おしゃれな喫茶店…ではなく、ランナーのための施設だ。約100平方メートルの平屋には、シャワールームとロッカールームを完備した男女別更衣室と交流スペースが用意され、屋外にはウッドデッキのカフェスペースが広がる。

 交流スペースでは、健康に気を配るランナーにうれしいコールドプレスジュースやスムージーのほか、軽食や地ビールが販売される。カフェスペースに購入したビールを持ち込み、一緒に汗を流した仲間と“ビアガーデン”を楽しむことも可能だ。更衣室は有料(1回300円)だが、その他は無料で利用できる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ