PR

ライフ ライフ

「ギラン・バレー症候群」完治に光 千葉大病院が臨床治験で成果

Messenger

 千葉大医学部付属病院(千葉市)は、手足のまひを伴う難病、ギラン・バレー症候群の患者に行った臨床治験の結果、25年ぶりの新療法につながる成果があったと発表した。赤血球が壊れる溶血の抑制や血栓症の予防に使用される薬「エクリズマブ」を活用した世界初の手法で研究成果は英国の国際医学誌に掲載された。実際の医療現場で活用されれば、平成4年に始まった血液製剤「免疫グロブリン」を使った治療法以来の新療法となるという。

 研究は同病院神経内科の桑原聡教授(58)を中心とする研究チームが平成27年8月~28年4月にかけて実施。発症後2週間以内の32~74歳の男女の患者34人を、グロブリンとエクリズマブを使用したグループとグロブリンのみ使用したグループに分け、経過を観察した。

 その結果、エクリズマブを追加して投与した患者のグループは治験開始から6カ月後に、歩ける段階まで回復した割合が投与しなかったグループより20ポイント高い92%に達した。走れるまで回復したケースでは投与がなかったグループより56ポイント高い74%となり、後遺症がなく、比較的安全な回復につながる傾向がみられたとしている。

 同大では実用に向け、今後、欧米の研究機関とも連携し、より規模の大きい国際的な臨床治験を行う予定。国際的な治験でも成果が得られれば数年のうちに診療現場への導入につなげたいとしている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ