産経ニュース

【話の肖像画】群馬県草津町長・黒岩信忠(3)「銀座」湯畑の駐車場を撤去

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
群馬県草津町長・黒岩信忠(3)「銀座」湯畑の駐車場を撤去

昔から旅館が町政を支配していたこの町で、私は旅館業以外から就任した初めての町長です。中卒で学歴もない、門閥もないということで、見下されていたのかもしれません。でも私が町長になってから、旅館の派閥はなくなりました。派閥でけんかしている場合ではなかったのです。

 草津温泉の歴史をひもといてみると、常に飢餓状態でした。草津住民の胃袋を満たしてくれるだけのお客さんが来ていなかった、という意味です。宿泊施設はたくさんあったけれど、稼働率が低い。そうすると、旅館やホテルがお客さんを取り合ってダンピング(不当廉売)競争になります。これは商人として利口ではない。自分で自分の尻尾を食っているようなものでしょ。

 〈町長に就任した平成22年、バブル期に300万人に達した入り込み客数は265万人まで減少。町のシンボルである湯畑周辺にある2つの大きな駐車場が景観を乱し、客足が遠のく一因になっていた〉

 湯畑の周辺には長い間、観光客向けの駐車場が2つありました。それを見るたびに恥ずかしくてね。湯畑は日本でいうところの銀座です。銀座のど真ん中に駐車場を置く必要があるのか、駐車場を置いて感動するのか、とずっと疑問に感じていた。町長に決まった瞬間から、湯畑の整備をやると決意し、政治生命をかけると宣言しました。

 〈23年、建築家の安藤忠雄氏の双子の弟で、全国各地でまちづくりをプロデュースする北山創造研究所の北山孝雄代表らを交えたプロジェクトチームを結成。湯畑の再整備に乗り出した〉

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング