PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】群馬県草津町長・黒岩信忠(2)湯畑から東京の一等地へ

Messenger

〈草津町は年間300万人が訪れる国内有数の人気温泉地として知られる。町のシンボルであり、大源泉でもある湯畑は、子供の頃から憧れだった〉

 7人きょうだいの末っ子です。実家は町のはずれにあったので、草津の「銀座」のような湯畑にすごく興味があった。ですから、25年ほど前に湯畑の一等地が売りに出たとき、迷わず貸店舗を建てました。20代のころに始めた商売が軌道に乗っていたこともあって、土地代と建物で2億円くらいの投資をしましたね。

 次は日本一の東京に進出し、一等地で商売してみたいと思った。東京そのものを勉強したくて2年間通いました。最初は切符の買い方もよく分からなかったんですよ。東京の街がどう変化していくのか興味があって、1人で百何十棟ものビルを見ました。

 自分の感性で当たりをつけたら、そこが将来発展するのか衰退するのか、交通網がどう変化していくのか見極めないといけない。絶対に変わらないと判断したのが、東京・原宿の竹下通りです。

 平成13年、竹下通りにある貸しビルを買い、15年にオープンしました。事業が大きいか小さいかは、人が評価することです。私にしてみれば、何もないところからスタートしてここまできたのだから、田舎では頑張ったほうかなと思います。

 〈昭和58年、35歳のとき草津町議選に初出馬し、トップ当選を果たした〉

 山本一太参院議員の父で、草津町出身の山本富雄さんが参院議員をしているとき、選挙があれば必ず駆けつけて、手弁当で応援していました。他の支持者からはよく「町議にでもなるつもりなのか」と聞かれましたが、そんなつもりは全くなかった。秘書でもないし、ガソリン代ももらっていなかった。本当に単なる支持者です。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ