PR

ライフ ライフ

「天ぷら」そっくり新種イソギンチャク 東大チーム発見

カイメンの先端部に共生しているテンプライソギンチャク(伊勢優史・マレーシア科学大研究員提供)
Messenger

 スポンジ状の軟らかいカイメン(海綿)に共生し、赤い触手を出した姿がエビの天ぷらのように見える新種のイソギンチャクを東京大などの研究チームが発見し、「テンプライソギンチャク」と命名した。

 カイメンには一般的な軟らかい種類と硬い種類があり、軟らかい種類と共生するイソギンチャクの発見は世界で初めて。

 チームは神奈川県三浦市の同大臨海実験所周辺の磯でカイメンの一種を採取。海水を排出する穴の近くから、カイメンにはない触手のような器官が見えたため調べたところ、体長3~4ミリのイソギンチャクが群になって共生していた。

 特殊な毒針を持ち、カイメンと共生している点などが既知の種と異なり、新種と判断した。新潟県の佐渡島や三重県鳥羽市沖でも見つかった。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ